不当要求 対応 / 法律事務所桃李

法律事務所桃李 > 消費者トラブルに関するキーワード > 不当要求 対応

不当要求 対応

  • カスタマーハラスメント(カスハラ)の対策方法

    正当な要求とカスタマーハラスメントの見極めも曖昧であり、それらを見極めて適切に対応することが必要です。 ■カスタマーハラスメントへの具体的な対策カスタマーハラスメントは、従業員や事業にとって大きなストレスとなり、業務に支障をきたす場合もあります。また、カスタマーハラスメントの放置は、企業の安全配慮義務違反にもつな...

  • 過剰要求・不当要求の言いなりにならないクレーム対応方法

    この時、後者のクレームは、カスタマーハラスメント(カスハラ)に分類されることもあり、慎重な対応が必要となります。 顧客からの過剰要求・不当な要求に対しても基本的には通常のクレーム対応と同様に、顧客への謝罪をした上で、相手が満足しておらずクレームをしている原因やその事実関係について確認をし、その解決策を提示していく...

  • 不当要求と判断するポイント

    不当要求とは一般的に悪質クレームと呼ばれている行為です。一般的に法的根拠や社会的妥当性を欠く要求を指します。 不当要求に対しては、対応をする必要はありませんが、どのラインからが不当要求に該当するのかという判断が非常に難しくなっています。法による基準や行政庁によるガイドラインなどが存在しないため、一般の方からの判断...

  • 顧問弁護士の役割とメリット

    しかし、トラブルが発生するたびに毎回弁護士を探し、着手金を支払って対応してもらうというような状況と比べると、顧問料の方がコストを抑えることができます。また、トラブルが発生してから弁護士に相談するのであっては後手の対応となりますが、そうしたトラブルの発生を予防することができるという点でも、トータルコストの低減が図れ...

  • 問題社員への対応

    「職場でトラブルを抱えている社員がいるが、世間の目が厳しいこともあり、どのように対応すれば適切なのか分からない。問題のある社員について、このようなお悩みを持ちの経営職の方は、決して少なくありません。 このページでは、企業法務に関するさまざまなキーワードのなかでも、労務管理についてスポットライトをあてて、くわしくご...

  • 労務管理を弁護士に依頼する

    労働者への対応は、企業という組織ができたはるか昔から現在に至るまで、企業が抱える重要なテーマのひとつです。ストライキなどによる労働紛争は、多くの方がイメージしやすいのではないでしょうか。 しかし、現在の労務管理を巡る情勢は、大きく変化しています。以前は集団による労働紛争が主なものでしたが、現在は個人単位での労働紛...

  • コンプライアンス体制の整備と実践

    「企業のコンプライアンスについて、市民の目が厳しくなっているが、どう対応するべきなのか分からない。「今後の自社で不祥事が起きた際に、適切な対応ができないのではないかと不安だ。大企業をはじめとした近年の数多くの不祥事から、企業を見る世間の目は厳しくなり、コンプライアンスについてこのようなお悩みをお持ちの経営者の方は...

  • 消費者とのトラブルを弁護士に依頼するメリット

    クレーム対応は、少しでも対処法を誤ってしまうと規模が拡大してしまうリスクを抱えているため、慣れないクレーム対応がさらなるトラブルへと発展してしまいかねません。一方で、消費者トラブルへの対応実績を持つ弁護士にご相談いただいた場合、ご相談者様と似た事例を参考にすることにより、ご相談者のご事情に最適な解決策をご提案させ...

  • インターネット・SNS等の風評被害に遭ってしまった場合の対応方法

    インターネットやSNSなどにおける風評被害への対応は、残念ながら非常に難しいのが現状です。インターネット上に書き込まれた事柄は簡単に削除できるものではないにも関わらず、大勢の人がその書き込みを目にするため、風評被害が簡単に広まってしまうのです。そして、一度「炎上」と呼ばれる状態に陥ってしまうと、その事実が半永久的...

  • ネットワークビジネスでの消費者トラブル対処法

    【インターネット・SNS等の風評被害に遭ってしまった場合の対応方法】法律事務所桃李は、ご相談者様のお悩みやご希望に寄り添い、最適な解決策をご提案・実現いたします。債権回収、消費者被害、ビジネスにおけるトラブルなど、経営者の方のお悩み解決に自信があります。大阪市や、新宿区、渋谷区、千代田区、目黒区、港区などの都市圏...

  • 特定商取引法への対処法

    この特定商取引法は、事業者側に以下のような対応をするよう求めています。・契約の申し込みの書類は明解なものにすること・事業者名や住所、連絡先を掲載すること・返品の制度を消費者に分かりやすく表示すること・(該当のケースの場合)前払い通販の承諾について通知をすること・(インターネット通販の場合)契約の申込内容を消費者が...

  • 消費者保護法について

    そのため、消費者保護法の現在の姿に臨機応変に対応し続けることは、非常に難しいのです。 消費者保護法を遵守した上で事業を継続するためには、関連法案の最も新しい形を熟知している弁護士に対し、定期的にご相談いただくことをおすすめいたします。事業者様側のご負担を軽減できるのはもちろんのこと、トラブルの事前回避や訴訟リスク...

  • クレーム対応の重要性

    取引先やお客様からクレームが寄せられてしまった場合、慎重な対応が非常に重要です。特に最初の対応を間違ってしまうと、さらに深刻なトラブルへと発展してしまいます。なぜなら、適切な対応ができなかったことにより、お客様をさらに怒らせてしまう可能性や、間違った対応によりトラブルの規模がさらに拡大してしまう可能性があるからで...

  • 返金要求のクレーム対応

    不当なものに対しては法的手段も含む毅然とした対応が求められます。相手方に正当性があるものに対しては注意深く交渉し、できるだけ小さな損害で済む解決をする必要があります。 ■返金クレームの対応を弁護士に任せるメリット返金クレームへの対応を誤ると、不当なクレームへの屈服を強いられる事態や問題が複雑化してしまう事態を生じ...

  • 適切なオークションサイトの運営方法

    またオークションの利用者間にトラブルが生じた場合の対応についても考える必要があります。そのオークションサイトの利用規約によりますが、オークションサイトは場所を提供しているだけで基本的に利用者間のトラブルについての責任を負わないことが多いといえます。しかし、例えば事業者が出品行為に積極的に介入した場合には、その事業...

  • 特定継続的役務提供への対応策

    中途解約などを巡る消費者とのトラブルを回避するためにも、これらの規制を念頭に入れつつ契約をすることが、特定継続的役務提供に対する対応策として重要となります。 法律事務所桃李では消費者トラブルに関する相談を承っております。お困りの方はお気軽にご相談ください。

  • モンスタークライアントへの対応

    このような悪質なモンスタークライアントに対応するためには、早い段階での対策が必要となります。 ■モンスタークライアントへの具体的な対応方法モンスタークライアントと契約を結ばない、仕事にあたって不当な要求をさせないために、以下のような対策が考えられます。 ●やりとりをメールと電話の二重確認にし、期日は絶対に伝える

  • 警察を呼ばずに穏便にカスハラを対処するには

    カスハラに対しては、従業員らが社内で作成されたマニュアルなどに従って対応し、時には弁護士への相談や警察への通報といった対応が通常となります。しかし、「警察へ通報する」といった発言がさらに相手を怒らせてしまい、状況が悪化してしまうこともあります。そのため、場合によっては警察への通報を呼ばない、あるいはカスハラに対応...

  • マルチ商法とネズミ講の違い

    法律事務所桃李は、大阪市や新宿区、渋谷区、千代田区、目黒区、港区などの都市圏を中心として、全国のご経営者様のお悩みやご希望に寄り添い、最適な解決策をご提案・実現いたします。 ビジネスにおけるトラブルだけでなく、債権回収やクレーム対応などにお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 景品表示法違反にあたる誇大広告の事例紹介

    法律事務所桃李は、大阪市や新宿区、渋谷区、千代田区、目黒区、港区などの都市圏を中心として、全国のご経営者様のお悩みやご希望に寄り添い、最適な解決策をご提案・実現いたします。 ビジネスにおけるトラブルだけでなく、債権回収やクレーム対応などにお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

  • ステルスマーケティング(ステマ)の問題点や予防策

    法律事務所桃李は、大阪市や新宿区、渋谷区、千代田区、目黒区、港区などの都市圏を中心として、全国のご経営者様のお悩みやご希望に寄り添い、最適な解決策をご提案・実現いたします。 ビジネスにおけるトラブルだけでなく、債権回収やクレーム対応などにお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

  • 請負契約と準委任契約の違い

    簡単に言うと、自身では対応が難しい仕事を他者にお願いするということです。 準委任契約の理解をする前に委任契約が何かについてを理解する必要があります。委任契約は643条以下に規定があり、643条には「委任は、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずる。」と...

  • 知的財産権に関するトラブル

    ここではそれぞれの権利の違いと共通するトラブル発生時の対応方法についてご説明させていただきます。 特許権、意匠権、商標権は先願主義が採用されています。先願主義とは、書いて字の如く先に特許権の申請をしたものに、当該発明につき専用実施権が与えられるというものです。いわゆる早い者勝ちの制度ということです。当然例外の事例...

  • 倒産してしまった会社への売掛金回収

    取引先が再建型の倒産を選択した場合には、今後の状況を考慮しながら回収対応を行うことになります。清算型を選択した場合には回収対応を集中的に行うことにはなりますが、音信不通になったり、支払停止をする旨が表明されることもあります。 回収を行う場合には、5年の消滅時効が定められているため、速やかに回収対応を進めていく必要...

当事務所が提供する基礎知識

  • コンプライアンス体制の整...

    「企業のコンプライアンスについて、市民の目が厳しくなっているが、どう対応するべきなのか分からない。」「今後の自社で不祥事...

  • 倒産してしまった会社への...

    取引先の会社が倒産してしまった場合に、その取引で生じた代金の請求をできないと思っている方がいらっしゃるそうです。確かに会...

  • 債権回収を弁護士に依頼す...

    債権回収は時間との争いです。状況に適した解決策を素早く展開していかなければ、相手方の企業が倒産したり、財産を隠してしまっ...

  • 知的財産権に関するトラブ...

    知的財産権とは具体的に特許権、著作権、意匠権、商標権などがあげられ、それぞれに専用の法律が存在します。それらを総称して知...

  • 消費者から不備を指摘され...

    訪問販売や電話勧誘販売など、クーリングオフ制度の対象となる取引を行う場合は、事業者はクーリングオフができる旨を定めた書面...

  • トラブルにならない電話勧...

    電話勧誘販売は、消費者にとっては、強引な営業トークによって不本意に契約を締結させられたと感じるケースも少なくなく、トラブ...

  • 労務管理を弁護士に依頼す...

    「労務に関する世間の目が厳しくなってきているなか、自社の労務管理に問題がないか不安だ。」労務管理について、このようなお悩...

  • 特定商取引法への対処法

    「特定商取引法」とは、「訪問販売法」の新名称であり、訪問販売や通信販売、電話勧誘販売など、様々な種類の取引において消費者...

  • 強制執行の効果と手順

    貸したお金を返さなかったり、商品を受け取ったにもかかわらず代金を支払わないなど、相手方が債務を履行しない状況というのはそ...

  • 不当要求と判断するポイン...

    不当要求とは一般的に悪質クレームと呼ばれている行為です。一般的に法的根拠や社会的妥当性を欠く要求を指します。 ...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

岡本弁護士の写真
代表弁護士
岡本 仁志(おかもと まさし)
ご挨拶

解決までのスピードに自信があります。債権回収、消費者被害、訪問販売トラブル、ネットワークビジネストラブル、企業トラブルなどでお困りでしたら、法律事務所桃李までお気軽にご相談ください。


これまでに培った知識・経験を活用して、問題解決に最適な方法をご提案するだけでなく、プラスアルファとしてクライアント様からお話を聞く姿勢、そしてリーガルサービスを提供する姿勢にも心を配っています。


「法律事務所桃李に相談して良かった」とご満足頂ける、そんな安心・信頼の法律サポートを行って参ります。

  • 所属団体
    • 大阪弁護士会所属
    • 大阪弁護士会消費者保護委員会委員および裁判員本部委員
    • 刑事弁護委員会委員
    • 大阪大学法曹会幹事
    • 大阪青年会議所
  • 経歴

    大阪大学法学部卒業

    2005年(平成17年)11月 司法試験合格

    2006年(平成18年)4月 司法修習生(60期)

    2007年(平成19年)9月 大阪弁護士会に弁護士登録

    2015年(平成27年)7月 岡本仁志法律事務所開設

    2020年(令和2年)7月 法律事務所桃季開設

事務所概要

最善のリーガルサービスで理想的な解決を実現します

クライアント様の問題を的確に把握し、理想的な解決を実現するためにどんな方法が有効なのか多角的に検討し、考え得る方法の中から最善のリーガルサービスをご提供します。

ご自身の希望にかなう解決をお求めでしたら、大阪・北区東天満の法律事務所桃季までご相談ください。

信頼の解決力で理想的な解決を目指します。

事務所名 法律事務所桃李
代表者 岡本 仁志(おかもと まさし)
所在地 〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目7番17号 東天満ビル7階
アクセス

JR東西線・学研都市線「大阪天満宮駅」より徒歩3分

電話番号/FAX番号 TEL:050-3188-5207 / FAX:06-6314-6905
対応時間 平日 9:00 -17:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です

ページトップへ