企業 コンプライアンス / 法律事務所桃李

法律事務所桃李 > 企業法務に関するキーワード > 企業 コンプライアンス

企業 コンプライアンス

  • 顧問弁護士の役割とメリット

    コンプライアンスの重要性が高まっているため、企業の法務能力を強化したいが、人材不足で思うようにいかない。「契約書のリーガルチェックや、労働管理について相談できる弁護士が欲しいが、弁護士の選び方が分からない。企業法務について、このようなお悩みを持ちの経営職の方は、決して少なくありません。 このページでは、企業法務...

  • 問題社員への対応

    このページでは、企業法務に関するさまざまなキーワードのなかでも、労務管理についてスポットライトをあてて、くわしくご説明いたします。 ■問題社員への対応が難しい理由問題社員と一口に言っても、抱える問題はさまざまです。勤務態度が怠慢である、部下に対してセクシャルハラスメントと捉えられる言動が多い、部下への過剰な叱責が...

  • 労務管理を弁護士に依頼する

    このページでは、企業法務に関するさまざまなキーワードのなかでも、労務管理についてスポットライトをあてて、くわしくご説明いたします。 ■労務管理を巡る情勢の変化労働者への対応は、企業という組織ができたはるか昔から現在に至るまで、企業が抱える重要なテーマのひとつです。ストライキなどによる労働紛争は、多くの方がイメージ...

  • コンプライアンス体制の整備と実践

    企業コンプライアンスについて、市民の目が厳しくなっているが、どう対応するべきなのか分からない。「今後の自社で不祥事が起きた際に、適切な対応ができないのではないかと不安だ。大企業をはじめとした近年の数多くの不祥事から、企業を見る世間の目は厳しくなり、コンプライアンスについてこのようなお悩みをお持ちの経営者の方は...

  • 契約書作成とリーガルチェックの重要性

    このような契約書の取り扱いを行っている企業は、決して少なくありません。しかし、契約書を甘く見ていると、大きな損失を生んでしまう可能性があるのです。 このページでは、企業法務に関するさまざまなキーワードのなかでも、契約書の作成やリーガルチェックについてスポットライトをあてて、くわしくご説明いたします。 ■契約書の意...

  • インターネット・SNS等の風評被害に遭ってしまった場合の対応方法

    そのため、かなり時間が経過した後でも、消費者が企業やサービス名を検索すると炎上した事実が分かってしまうことから、時間の経過が風評被害を解決してくれることは期待できません。 まず、風評被害の性質上、実際に被害が発生してしまってから対策を講じるよりも、風評被害を発生させないための社員・バイト教育の徹底や、サービスの見...

  • 消費者保護法について

    近年、特に一般消費者向けの事業を行っている企業に対して、法令を遵守するよう求める流れが大きくなっており、行政による企業への監視も強化され続けています。しかし、一連の消費者保護法は繰り返し改正されており、過去に違法ではなかった行為が新たに規制されるなど、変動が激しいことが特徴です。そのため、消費者保護法の現在の姿に...

  • クレーム対応の重要性

    加えて、今はSNSの発展により、企業がどのような対応をしたかがすぐに拡散されてしまう時代です。そのため、「あの会社の商品は買わない方がいいのではないか」「あの会社のサービスを利用すれば、自分も同じ被害に遭うかもしれない」といった認識が多くのお客様に広まってしまう可能性が高いのです。一方で、不当あるいは過剰にクレー...

  • 債権回収を弁護士に依頼するメリット

    状況に適した解決策を素早く展開していかなければ、相手方の企業が倒産したり、財産を隠してしまったりと、債権回収することがより困難となってしまうのです。スピーディーに債権回収を成功させるためには、日々の対策も重要ではありますが、万が一の場合には弁護士などの専門家の力を利用することが最も効果的です。 弁護士であれば、内...

  • 訴訟による支払い請求のメリットとデメリット

    しかし、何度か取引を行っている企業や個人が相手の場合だと、つい契約書を作らなかったり、契約書の不備を改めないまま放置していることも場合によってあり得ます。そうした場合、いざ債務が履行されなくなり、相手方に債務の履行を強く請求しようとしても、「そんな債務は存在しない」と、相手方に請求を拒絶されてしまう恐れがあるので...

  • 債権回収に時効はある?

    特に企業間の取引によって発生した売掛金債権は、たったの2年で時効を迎えてしまうので注意が必要です。 時効を迎えてしまうと基本的には回収することが不可能となってしまいます。そのため、時効を迎える前に回収を成功に導く必要があります。しかし、相手方の所在が不明になったりと、回収手続きが一筋縄ではいかないこともあります。...

当事務所が提供する基礎知識

  • 訪問販売で消費者とトラブ...

    実際に消費者の自宅に訪問して商品を販売するなどの業務活動をする「訪問販売」ですが、業務が行われる場所が特殊であるゆえに、...

  • 売掛金の時効とは

    ■時効の援用・更新消滅時効が成立すると債権が消滅し売掛金の回収が困難になります。もっとも、時効は相手方が援用しなければ成...

  • 特定継続的役務提供への対...

    特定継続的役務提供については、以下の行政規制がなされており、事業者がこれらに反しないようにサービスを行う必要があります。...

  • 電子商取引を行う企業の注...

    電子商取引とは、インターネットをはじめとした電子的なネットワークを介して行われる商取引をいいます。実店舗を必要とせず、さ...

  • マルチ商法とネズミ講の違...

    マルチ商法とネズミ講の違いとしては、マルチ商法が合法であり、ネズミ講が違法であるということ、内容面に関してもマルチ商法は...

  • コンプライアンス体制の整...

    「企業のコンプライアンスについて、市民の目が厳しくなっているが、どう対応するべきなのか分からない。」「今後の自社で不祥事...

  • 過剰要求・不当要求の言い...

    今日の顧客からのクレームには2種類あり、今後の顧客満足度の向上につながるようなプラスのクレームと、過剰な要求や不当な要求...

  • 担保権の実行とは

    担保権とは、金銭債権の補償として、動産や不動産に対して債権者が有する権益であり、優先的に弁済を得ることができます。担保権...

  • 不当要求と判断するポイン...

    不当要求とは一般的に悪質クレームと呼ばれている行為です。一般的に法的根拠や社会的妥当性を欠く要求を指します。 ...

  • 景品表示法違反が発覚して...

    景品表示法(不当景品類及び不当表示防止法)は、不当な表示等を防ぎ、一般消費者の利益を保護するための法律です。製品やサービ...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

岡本弁護士の写真
代表弁護士
岡本 仁志(おかもと まさし)
ご挨拶

解決までのスピードに自信があります。債権回収、消費者被害、訪問販売トラブル、ネットワークビジネストラブル、企業トラブルなどでお困りでしたら、法律事務所桃李までお気軽にご相談ください。


これまでに培った知識・経験を活用して、問題解決に最適な方法をご提案するだけでなく、プラスアルファとしてクライアント様からお話を聞く姿勢、そしてリーガルサービスを提供する姿勢にも心を配っています。


「法律事務所桃李に相談して良かった」とご満足頂ける、そんな安心・信頼の法律サポートを行って参ります。

  • 所属団体
    • 大阪弁護士会所属
    • 大阪弁護士会消費者保護委員会委員および裁判員本部委員
    • 刑事弁護委員会委員
    • 大阪大学法曹会幹事
    • 大阪青年会議所
  • 経歴

    大阪大学法学部卒業

    2005年(平成17年)11月 司法試験合格

    2006年(平成18年)4月 司法修習生(60期)

    2007年(平成19年)9月 大阪弁護士会に弁護士登録

    2015年(平成27年)7月 岡本仁志法律事務所開設

    2020年(令和2年)7月 法律事務所桃季開設

事務所概要

最善のリーガルサービスで理想的な解決を実現します

クライアント様の問題を的確に把握し、理想的な解決を実現するためにどんな方法が有効なのか多角的に検討し、考え得る方法の中から最善のリーガルサービスをご提供します。

ご自身の希望にかなう解決をお求めでしたら、大阪・北区東天満の法律事務所桃季までご相談ください。

信頼の解決力で理想的な解決を目指します。

事務所名 法律事務所桃李
代表者 岡本 仁志(おかもと まさし)
所在地 〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目7番17号 東天満ビル7階
アクセス

JR東西線・学研都市線「大阪天満宮駅」より徒歩3分

電話番号/FAX番号 TEL:050-3188-5207 / FAX:06-6314-6905
対応時間 平日 9:00 -17:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です

ページトップへ