景品表示法違反にあたる誇大広告の事例紹介 / 法律事務所桃李

法律事務所桃李 > 消費者とのトラブルにお困りの企業へのサポート > 景品表示法違反にあたる誇大広告の事例紹介

景品表示法違反にあたる誇大広告の事例紹介

景品表示法は正式には「不当景品類及び不当表示防止法」と呼ばれる法律となります。この法律の目的は、誇大広告などの商品や役務の品質や価格について一般消費者の適正な商品・役務の選択を妨げるような不当な表示を制限したり禁止したりするなどして、一般消費者の利益を保護することにあります。

この法律については、公正取引委員会の作成したガイドラインや運用基準などを基に、消費者庁が運用を行っています。

 

景品表示法違反となる表示の類型としては①優良誤認表示、②有利誤認表示、③誤認されるおそれのある表示の3つに分けられます。

以下でわかりやすい事例を挙げていきます。

 

①の事例
(例)○○牛などブランド牛の名前を冠していたが、実際にはそのブランド牛ではない、あるいは使用されていないケース
(例)国内産と記載されていたが、実際の原産国は海外であったケース
(例)ダイエットに効果があるなどと記載されていたが、実際には体験談などでしかなく、効果についての根拠がなかったケース
(例)オンラインゲームのガチャで、R以上確定などとして表示をしていたが、実際にはよりレアリティの高いURは出ない仕様であったケース

 

②の事例
(例)全品半額などの広告をしていたが、実際には一部の商品しか半額での販売が行われていなかったケース
(例)○月□日まで限定価格などとして広告をしていたが、実際にはいつでもその価格での販売が行われていたケース
(例)架空の当店通常価格などと称した価格を記載することで、通常よりも安く購入できるかのように表示していたケース
(例)架空の他店の価格を販売価格の記載することで、他店で購入するよりも安く購入できるように表示していたケース
(例)地域最安値などと広告していたが、実際には調査がされておらず公告に根拠がなかったケース
(例)過剰な包装をすることで内容量を多く見せかけていたケース

 

③の事例
(例)オレンジジュースとして販売されていた商品が、実際には無果汁であったケース
(例)外国の国旗をプリントする、あるいは商品の文字の大半を外国語で記載するなどして外国産の商品のように見せかけて国内産の商品を販売していたケース
(例)実際には販売していない物件や存在していない物件を記載することで消費者を誘引していたケース
(例)実際には販売しない商品を○月□日から販売などとして客を誘引していたケース

 

こうした事例のケースだけでなく、景品等に関しての規制により、コンプガチャと呼ばれる複数の景品を獲得すると他の景品が獲得できるようになっていたケースや、当たりが多いように記載していたが実際には多くなかったケースなども景品表示法違反のケースとされています。

 

法律事務所桃李は、大阪市や新宿区、渋谷区、千代田区、目黒区、港区などの都市圏を中心として、全国のご経営者様のお悩みやご希望に寄り添い、最適な解決策をご提案・実現いたします。ビジネスにおけるトラブルだけでなく、債権回収やクレーム対応などにお困りの方は、当事務所までお気軽にご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 【2023年6月施行】改...

    企業が消費者に対して商品を販売したりサービスを提供したりするとき、「消費者契約法」の内容に留意しないといけません。同法へ...

  • 債権回収において内容証明...

    債権回収を行う場合、配達証明付内容証明郵便を送ることで、郵便を送ったという記録が残るようにします。このとき、特定記録郵便...

  • 請負契約と準委任契約の違...

    請負契約は民法632条以下に規定があります。632条は請負契約の定義があり、「請負は、当事者の一方がある仕事を完成するこ...

  • 未払い金を回収したい!債...

    売掛金による取引で注意しなければならないのは未払金の問題です。取引先が決まった金額を支払わないような状況に陥ってしまった...

  • トラブルにならない電話勧...

    電話勧誘販売は、消費者にとっては、強引な営業トークによって不本意に契約を締結させられたと感じるケースも少なくなく、トラブ...

  • ステルスマーケティング(...

    ステルスマーケティング(ステマ)とは、消費者に広告であることを隠して商品などの宣伝を行ったり、口コミサイトに投稿を行った...

  • 売掛金の時効を成立させな...

    一般的に、事業を営んでいる方は掛け売りの方法で商売をすることも多いため、売掛金の回収も業務の一環として行っていることが多...

  • ネットワークビジネスでの...

    ネットワークビジネスは、「連鎖販売取引」とも呼ばれ、特定商取引法の第33条で定義された販売形態のことを指します。口コミに...

  • 倒産してしまった会社への...

    取引先の会社が倒産してしまった場合に、その取引で生じた代金の請求をできないと思っている方がいらっしゃるそうです。確かに会...

  • 知的財産権に関するトラブ...

    知的財産権とは具体的に特許権、著作権、意匠権、商標権などがあげられ、それぞれに専用の法律が存在します。それらを総称して知...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

岡本弁護士の写真
代表弁護士
岡本 仁志(おかもと まさし)
ご挨拶

解決までのスピードに自信があります。債権回収、消費者被害、訪問販売トラブル、ネットワークビジネストラブル、企業トラブルなどでお困りでしたら、法律事務所桃李までお気軽にご相談ください。


これまでに培った知識・経験を活用して、問題解決に最適な方法をご提案するだけでなく、プラスアルファとしてクライアント様からお話を聞く姿勢、そしてリーガルサービスを提供する姿勢にも心を配っています。


「法律事務所桃李に相談して良かった」とご満足頂ける、そんな安心・信頼の法律サポートを行って参ります。

  • 所属団体
    • 大阪弁護士会所属
    • 大阪弁護士会消費者保護委員会委員および裁判員本部委員
    • 刑事弁護委員会委員
    • 大阪大学法曹会幹事
    • 大阪青年会議所
  • 経歴

    大阪大学法学部卒業

    2005年(平成17年)11月 司法試験合格

    2006年(平成18年)4月 司法修習生(60期)

    2007年(平成19年)9月 大阪弁護士会に弁護士登録

    2015年(平成27年)7月 岡本仁志法律事務所開設

    2020年(令和2年)7月 法律事務所桃季開設

事務所概要

最善のリーガルサービスで理想的な解決を実現します

クライアント様の問題を的確に把握し、理想的な解決を実現するためにどんな方法が有効なのか多角的に検討し、考え得る方法の中から最善のリーガルサービスをご提供します。

ご自身の希望にかなう解決をお求めでしたら、大阪・北区東天満の法律事務所桃季までご相談ください。

信頼の解決力で理想的な解決を目指します。

事務所名 法律事務所桃李
代表者 岡本 仁志(おかもと まさし)
所在地 〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目7番17号 東天満ビル7階
アクセス

JR東西線・学研都市線「大阪天満宮駅」より徒歩3分

電話番号/FAX番号 TEL:050-3188-5207 / FAX:06-6314-6905
対応時間 平日 9:00 -17:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です

ページトップへ