景品表示法を違反しないために押さえておくべきこと / 法律事務所桃李

法律事務所桃李 > 消費者とのトラブルにお困りの企業へのサポート > 景品表示法を違反しないために押さえておくべきこと

景品表示法を違反しないために押さえておくべきこと

企業が商品やサービスを提供するにあたっては、消費者に対して、当該商品やサービスを購入するように働きかけることになります。

もっとも、不当な顧客誘引を行うと、消費者はその判断を誤り、不当に販売を成功することになります。

そこで、景品表示法は、商品あるいはサービスを提供する際の広告等について規制を設けています。

 

このページでは、景品表示法に違反しないためにおさえるべきポイントについてご紹介します。

 

 

景品表示法において規制される行為としておさえるべきこと

 

景品表示法においては、主に以下の行為が禁止されています。

 

①不当な広告表示

まず、費者を誤認させるような不当な広告をすることを禁止しています。

例えば、「優良誤認表示」が含まれます。

「優良誤認表示」とは、実際の品質よりも、著しく優良であるかのような表示を行う場合や、事実に反して、競合他社の商品より著しく優良であるかのような表示を行う場合には、「優良誤認表示」として、違法となります。

 

また、「有利誤認表示」も禁止されています。

「有利誤認表示」とは、実際よりも著しく有利であるかのような誤信をさせる表示の方法や、競合他社よりも著しく有利であるかのような表示を行う方法をいいます。

例えば、実際は、期間を限定せずに一定の便宜の提供を行っているにもかかわらず、まるで期間限定で行っているかのような広告をすることは、「有利誤認表示」にあたります。

また、無条件で返金が受けられるかのような表示をしつつ、実際は細かい条件が定められているような場合にも有利誤認表示にあたります。

 

他にも、原産国に関する表示やおとり広告(実際購入できない商品を購入できるかのよう表示していること)なども規制の対象です。

 

②過大な景品類の提供

消費者の判断を誤らせるような過大な景品の提供をすることは禁止されています。

これは、一般懸賞、共同懸賞、総付懸賞の3つに分かれています。

 

・一般懸賞

一般懸賞とは、くじや競技の優劣により、購入者の一部のみが景品を受けるものをいいます。

景品の金額の上限が景品表示法で定められており、これを超えると違法となります。

また、懸賞を提供する取引による売り上げ予定総額の2%を景品の総額とする定めもあります。

 

・共同懸賞

共同懸賞とは、一定地域内の同業者が共同して景品を提供する場合をいいます。

ここでも、景品の最高額を取引価格の30万円までとする規定や、景品の総額の上限を懸賞を提供する取引による売り上げ予定総額の3%までとする規定があります。

 

・総付景品

総付景品とは、購入者、来店者全員に提供する景品をいいます。

ここでは、取引価格に応じて、景品の最高額が定められています。

 

なお、割引や、キャッシュバックなどは原則として景品に含まれません。

もっとも、この点については、例えば割引分やキャッシュバックの使途が制限されている場合や、値引きと景品の提供が同時に行われている場合には景品にあたるなど例外があります。

これに類似して、ポイントの付与があります。

ポイントの付与は、通常は値引きであるとして、景品表示法の適用外ですが、これにも例外があります。

他店でもポイントを使うことができる場合には、景品表示法の適用を受けます。

 

 

景品表示にお困りの方は法律事務所桃李までご相談ください

 

景品表示法には、原則と例外が入り交じり、複雑に消費者保護のための景品表示規制があります。

景品表示法に違反すると、措置命令や課徴金の対象となります。

また、上では記載しきれていない細かい規定が多数あります。

そのため、景品表示に関して疑問がある場合には、漠然とした理解ではなく、法律の専門家である弁護士に依頼をして法的助言を受けることが極めて重要です。

 

消費者被害に関するお悩みをお持ちの方は、法律事務所桃李までお気軽にご相談ください。

当事務所が提供する基礎知識

  • 保全手続きとは

    訴訟など、裁判を利用して債権を回収する場合、相手方を訴えてから審理を経て、裁判所の判決を得るまでには相当に時間を費やすこ...

  • 過剰要求・不当要求の言い...

    今日の顧客からのクレームには2種類あり、今後の顧客満足度の向上につながるようなプラスのクレームと、過剰な要求や不当な要求...

  • 売掛金の時効とは

    ■時効の援用・更新消滅時効が成立すると債権が消滅し売掛金の回収が困難になります。もっとも、時効は相手方が援用しなければ成...

  • 【特商法に注意】特定商取...

    特商法で規制されている一定の行為をしてしまうと、ペナルティを課せられることがあります。そのため事業を行っている方は常に消...

  • 特定商取引法への対処法

    「特定商取引法」とは、「訪問販売法」の新名称であり、訪問販売や通信販売、電話勧誘販売など、様々な種類の取引において消費者...

  • 担保権の実行とは

    担保権とは、金銭債権の補償として、動産や不動産に対して債権者が有する権益であり、優先的に弁済を得ることができます。担保権...

  • 適切なオークションサイト...

    適切なオークションサイトを運営するには、当然法律を遵守しなければなりません。ネットオークションの場合は、古物営業法2条2...

  • 特定継続的役務提供の対象...

    「特定継続的役務提供」とは、継続的に提供されるサービスで、役務の提供を受ける者の身体の美化や知識、技能の向上、その他心身...

  • 退職勧奨の進め方|相手が...

    使用者と労働者の間で成立している労働契約を解消するうえでは、労働者の身分を保護するべく、労働契約法・労働基準法において、...

  • 消費者契約法への対処方法

    消費者契約法の対象となる契約は、消費者契約、すなわち、消費者(普通の個人、一般人のこと)と事業者の間で締結されるすべての...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

岡本弁護士の写真
代表弁護士
岡本 仁志(おかもと まさし)
ご挨拶

解決までのスピードに自信があります。債権回収、消費者被害、訪問販売トラブル、ネットワークビジネストラブル、企業トラブルなどでお困りでしたら、法律事務所桃李までお気軽にご相談ください。


これまでに培った知識・経験を活用して、問題解決に最適な方法をご提案するだけでなく、プラスアルファとしてクライアント様からお話を聞く姿勢、そしてリーガルサービスを提供する姿勢にも心を配っています。


「法律事務所桃李に相談して良かった」とご満足頂ける、そんな安心・信頼の法律サポートを行って参ります。

  • 所属団体
    • 大阪弁護士会所属
    • 大阪弁護士会消費者保護委員会委員および裁判員本部委員
    • 刑事弁護委員会委員
    • 大阪大学法曹会幹事
    • 大阪青年会議所
  • 経歴

    大阪大学法学部卒業

    2005年(平成17年)11月 司法試験合格

    2006年(平成18年)4月 司法修習生(60期)

    2007年(平成19年)9月 大阪弁護士会に弁護士登録

    2015年(平成27年)7月 岡本仁志法律事務所開設

    2020年(令和2年)7月 法律事務所桃季開設

事務所概要

最善のリーガルサービスで理想的な解決を実現します

クライアント様の問題を的確に把握し、理想的な解決を実現するためにどんな方法が有効なのか多角的に検討し、考え得る方法の中から最善のリーガルサービスをご提供します。

ご自身の希望にかなう解決をお求めでしたら、大阪・北区東天満の法律事務所桃季までご相談ください。

信頼の解決力で理想的な解決を目指します。

事務所名 法律事務所桃李
代表者 岡本 仁志(おかもと まさし)
所在地 〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目7番17号 東天満ビル7階
アクセス

JR東西線・学研都市線「大阪天満宮駅」より徒歩3分

電話番号/FAX番号 TEL:050-3188-5207 / FAX:06-6314-6905
対応時間 平日 9:00 -17:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です

ページトップへ