ネットワークビジネス 違法 / 法律事務所桃李

法律事務所桃李 > 消費者トラブルに関するキーワード > ネットワークビジネス 違法

ネットワークビジネス 違法

  • ネットワークビジネスでの消費者トラブル対処法

    ネットワークビジネスは、「連鎖販売取引」とも呼ばれ、特定商取引法の第33条で定義された販売形態のことを指します。口コミによって商品の販売を拡大させる「マルチ・レベル・マーケティング」という仕組みを活用した販売形態であることから、「ねずみ講」と誤解されることも多く、これがトラブルの原因になることもあります。ねずみ講...

  • 消費者保護法について

    しかし、一連の消費者保護法は繰り返し改正されており、過去に違法ではなかった行為が新たに規制されるなど、変動が激しいことが特徴です。そのため、消費者保護法の現在の姿に臨機応変に対応し続けることは、非常に難しいのです。 消費者保護法を遵守した上で事業を継続するためには、関連法案の最も新しい形を熟知している弁護士に対し...

  • 適切なオークションサイトの運営方法

    またオークションサイト内で詐欺等の違法・不当行為が横行しているのにもかかわらず、注意喚起といった防止措置等を何ら行わない結果、利用者に多大な損害が生じたような場合では、オークションサイト自体に責任が問われる場合もあります。 オークションサイトでは、基本的に利用者の自由にゆだねることが多いといえますが、どのような場...

  • トラブルにならない電話勧誘販売

    そして、強引な手法で商品購入の勧誘をすると、それが違法行為に該当し、会社全体の評判を落とす可能性もあります。そうならないためにも、電話勧誘販売に適用される「特定商取引に関する法律(以下、「特定商取引法」とする。)」の規定を遵守することが重要となります。 特定商取引法は、事業者から営業を働きかける取引に適用されます...

  • マルチ商法とネズミ講の違い

    マルチ商法とネズミ講の違いとしては、マルチ商法が合法であり、ネズミ講が違法であるということ、内容面に関してもマルチ商法は商品を介しているのに対して、ネズミ講は商品を介していないことが挙げられます。 そもそもマルチ商法は報道などで用いられる俗称であり、正式には連鎖販売取引という名前になっています。合法であるはあるも...

  • リフォームの訪問販売は違法?気を付けるポイントとは

    このページでは、リフォームの訪問販売の違法性、気を付けるポイントについてご紹介します。  リフォームの訪問販売は違法か 結論から言うと、リフォームの訪問販売それ自体は違法とはされていません。もっとも、上述のように特定商取引法に規制が設けられており、この規制に反する態様での訪問販売は違法とされます。 そこで、気を付...

  • 景品表示法を違反しないために押さえておくべきこと

    「優良誤認表示」とは、実際の品質よりも、著しく優良であるかのような表示を行う場合や、事実に反して、競合他社の商品より著しく優良であるかのような表示を行う場合には、「優良誤認表示」として、違法となります。 また、「有利誤認表示」も禁止されています。「有利誤認表示」とは、実際よりも著しく有利であるかのような誤信をさせ...

  • 退職勧奨の進め方|相手が応じない場合の対処法も併せて解説

    もっとも、上記のような規制によって労働者を保護している趣旨から、この趣旨を潜脱するような退職勧奨は違法です。例えば、被勧奨者は精神的苦痛を与えるなど自由な意思決定を妨げることは許されず、名誉感情を害したような場合には、不法行為に基づく損害賠償請求の対象になります。また、退職の合意が無効となるリスクがあります。 

  • 消費者契約法に違反した場合のデメリットとは? 消費者契約法の概要と重要性

     違法な状態を避けるためには消費者契約法や関連する法令の知識が備わっていなければなりませんし、契約書の作成方法なども見直しが必要になるかもしれません。消費者に被害が生じないようにするため、そして自社に損失が生じないようにするためにも当事務所にご相談いただければと思います。

  • 企業が消費者トラブルに遭った場合の対処法! 法改正による厳格化と事例別の適切な対応

    事業者に違法行為の疑いがあると判断されたときには消費者庁またはその委任を受けた公正取引委員会が調査を始めます。そして事業者に対して措置命令を出すべきと評価されると、当該事業者に対しては「弁明の機会の付与」の通知が行われます。そのため措置命令に対して不服があるのなら弁明書を出すことでこれに抗うことができるのです。

  • 【知っておくべき法律】消費者保護法と企業責任の関係とは

    自宅に訪問した場合に関しても、「帰ってください」と伝えたにもかかわらず帰らなければ違法行為になってしまいます。明確な言葉でなくとも、間接的に断りの言葉を伝えている場合には同様の問題が生じ得ます。 事業者としては、トラブルになり得る上記のような行為を避けて販売行為を行い、揉め事を事前に防ぐ必要があります。また、これ...

  • 景品表示法違反が発覚してからの流れとペナルティについて解説

    同法違反につき、措置命令を受けても従わずそのまま違法な表示を続けると、刑事罰として「2年以下の懲役」または「300万円以下の罰金」に処されるおそれがあります。 また、措置命令により報告義務が課せられたにもかかわらず所定の報告等を行わない、もしくは虚偽の報告等をしたときには「1年以下の懲役」または「300万円以下の...

  • 【特商法に注意】特定商取引法に違反したときのペナルティとは

    同法の目的は、「事業者による違法または悪質な行為を防止すること」そして「消費者の利益を守ること」にあります。通信販売や訪問販売などの行為はトラブルが発生しやすいところ、こうした一定類型の取引につき事業者へ規制をかけるとともに、消費者を保護する制度の整備をしているのです。 例えば以下のようなルールが同法で定められて...

  • 【2023年6月施行】改正消費者契約法の内容は?企業側が注意する点も解説

    明らかに違法な勧誘方法や契約条項があれば改善点も容易に見つけられますが、判定が微妙なラインにあるケースもあります。さらに、他の法令に抵触しないようにも留意しないといけません。 弁護士のように法律全般に精通したプロに依頼することでその問題を解決しましょう。自社だけで対応しようとすると余計な労力を費やし、本業にも注力...

  • 消費者からカスタマーハラスメントを受けたときに弁護士へ相談するメリット

    カスタマーハラスメントと聞くと「迷惑行為」をイメージされることもあるかもしれませんが、少なくとも上に挙げた事例は違法行為です。強要罪や恐喝罪に該当しており、これら犯罪行為とカスタマーハラスメントは明確に線引きができるものではありません。 同じカスタマーハラスメントという枠に入る行為でも、「違法行為」となるケースや...

当事務所が提供する基礎知識

  • 担保権の実行とは

    担保権とは、金銭債権の補償として、動産や不動産に対して債権者が有する権益であり、優先的に弁済を得ることができます。担保権...

  • 景品表示法を違反しないた...

    企業が商品やサービスを提供するにあたっては、消費者に対して、当該商品やサービスを購入するように働きかけることになります。...

  • 電子商取引を行う企業の注...

    電子商取引とは、インターネットをはじめとした電子的なネットワークを介して行われる商取引をいいます。実店舗を必要とせず、さ...

  • 売掛金の回収を弁護士に依...

    ■負担の軽減相手方に支払い能力がない場合や支払う意思がない場合は売掛金の回収に手間がかかります。そのような事態に直面した...

  • リフォームの訪問販売は違...

    建物は経年劣化によって老朽化してしまうため、これを改修して新築当初の状態に戻す、リフォームを行う必要があります。リフォー...

  • 未払い金を回収したい!債...

    売掛金による取引で注意しなければならないのは未払金の問題です。取引先が決まった金額を支払わないような状況に陥ってしまった...

  • 割賦販売法への対処方法

    割賦販売法が規制している取引は、割賦販売(同法2条1項)、ローン提携販売(同条2項)、包括信用購入あっせん(同条3項)、...

  • コンプライアンス体制の整...

    「企業のコンプライアンスについて、市民の目が厳しくなっているが、どう対応するべきなのか分からない。」「今後の自社で不祥事...

  • 景品表示法違反にあたる誇...

    景品表示法は正式には「不当景品類及び不当表示防止法」と呼ばれる法律となります。この法律の目的は、誇大広告などの商品や役務...

  • 企業が個人情報漏洩したと...

    デジタル化が進み、個人情報を含むデータの利活用が盛んになった現代では「どうデータを有効活用するか」が競争力を高める上でも...

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

岡本弁護士の写真
代表弁護士
岡本 仁志(おかもと まさし)
ご挨拶

解決までのスピードに自信があります。債権回収、消費者被害、訪問販売トラブル、ネットワークビジネストラブル、企業トラブルなどでお困りでしたら、法律事務所桃李までお気軽にご相談ください。


これまでに培った知識・経験を活用して、問題解決に最適な方法をご提案するだけでなく、プラスアルファとしてクライアント様からお話を聞く姿勢、そしてリーガルサービスを提供する姿勢にも心を配っています。


「法律事務所桃李に相談して良かった」とご満足頂ける、そんな安心・信頼の法律サポートを行って参ります。

  • 所属団体
    • 大阪弁護士会所属
    • 大阪弁護士会消費者保護委員会委員および裁判員本部委員
    • 刑事弁護委員会委員
    • 大阪大学法曹会幹事
    • 大阪青年会議所
  • 経歴

    大阪大学法学部卒業

    2005年(平成17年)11月 司法試験合格

    2006年(平成18年)4月 司法修習生(60期)

    2007年(平成19年)9月 大阪弁護士会に弁護士登録

    2015年(平成27年)7月 岡本仁志法律事務所開設

    2020年(令和2年)7月 法律事務所桃季開設

事務所概要

最善のリーガルサービスで理想的な解決を実現します

クライアント様の問題を的確に把握し、理想的な解決を実現するためにどんな方法が有効なのか多角的に検討し、考え得る方法の中から最善のリーガルサービスをご提供します。

ご自身の希望にかなう解決をお求めでしたら、大阪・北区東天満の法律事務所桃季までご相談ください。

信頼の解決力で理想的な解決を目指します。

事務所名 法律事務所桃李
代表者 岡本 仁志(おかもと まさし)
所在地 〒530-0044 大阪市北区東天満1丁目7番17号 東天満ビル7階
アクセス

JR東西線・学研都市線「大阪天満宮駅」より徒歩3分

電話番号/FAX番号 TEL:050-3188-5207 / FAX:06-6314-6905
対応時間 平日 9:00 -17:00 ※事前予約で時間外も対応可能です
定休日 土・日・祝日 ※事前予約で時間外も対応可能です

ページトップへ